☆ワンドリンク無料です。その他ご注文は各自でご負担下さい。

☆当日カフェに到着されましたら、大西までご連絡下さい。お席にご案内致します。

 

こんな方におすすめです

 

「外貨で積立した方が金利も高いし良いよ」とは聞いたけど

外貨ってリスクもありそうだしよく分からない…

 

そんな方の疑問を解消するセミナーです。

外貨を持つことの意味からリスク、メリットデメリットについて簡単に理解できるセミナーです。

最近「外貨を持った方が良い」という話をよく耳にするようになりました。

外貨を持つメリットは「金利の高さ」に尽きます。

しかし、外貨と日本円とは明らかに違う特性があります。

この外貨セミナーは外貨についてよく分からないといった初心者の為の基礎から学ぶセミナーです。

外貨について基本的なことから知りたいという方向けのセミナーです。

 

売り込みは一切ありません

ガンガン営業をかけてくる営業マンは好きですか?

私は嫌いです。

「次はいつ会えますか?」

「こちらの方が安いですよ!」

「今週がダメでしたら再来週はいかがですか?」

情熱は分かりますけど、鬱陶しいです。

私も様々な営業を受けてきましたので(今も受けていますが)気持ち痛いほど分かります。

まず営業マンから、特に興味もない話を延々とされること程無駄な時間はありません。

 

外貨という資産に特化した基礎講座です

外貨というとネガティブなイメージを持ってしまいます。

だからこそ仕組みを学ぶことは大変重要です。

日本は資本主義社会ですから、国の経済は政府が舵取りします。

もはや国は国民に経済的保障を提供できなくなっています。

老後の年金だけではなく、医療費の補助や介護費用負担の問題もあります。

それに加えて、所得税や消費税、贈与税、相続税などの個人にかかる税金は全て増税されています。

今後は間違いなく定年制度がなくなります。

定年延長の法律は今まさに整備されているところです。

今後はお金持ちしか定年できない、それ以外の人は一生生活のために働き続けるしかないかもしれません。

生活費を稼ぐために死ぬ直前まで働きたくない…

あなたの経済はあなたの舵取り次第で大きく結果が変わります。

このマネーセミナーは、個別の金融商品ではなく、日本の経済状態やそもそもの社会保障制度など大局を知る機会としても有意義な時間になる様にしております。

その中でお金を増やす、どの様に管理していけば有利になるのかを考えるきっかけになれば幸いです。

外貨について学んだ事がない初心者限定の講座となっております

 

講師紹介

大西真人:1982年8月12日生まれ

・赤坂ファイナンシャル株式会社 代表取締役

・ファイナンシャルプランナー(AFP)、クレジットカードアドバイザー®、住宅ローンアドバイザー、セミナー講師

・企業での講演実績多数(上場企業含め多くの企業で講師をさせて頂いております

・メディア出演

すまいるエフエム「おかえりスマイル」生放送ゲスト出演

・ストリートアカデミー登録講師

 

↓↓プロフィール詳細↓↓

大西真人プロフィール

 

開催スケジュール

 

 

☆ワンドリンク無料です。その他ご注文は各自でご負担下さい。

☆当日カフェに到着されましたら、大西までご連絡下さい。お席にご案内致します。

 

最後に

世界の中で日本人の金融リテラシーは低いと言われています。

欧米諸国では教育カリキュラムに投資教育が組み込まれています。

幼い頃からお金の勉強をする機会があるのです。

それに対して日本ではどうでしょう。

資産形成や投資についての勉強をする機会は殆どありません。

スタンダード&プアーズの2015年ファイナンシャル・リテラシー調査によると、日本は北欧諸国には遠く及ばず38位という結果が出ています。

一方で日本の現状は年金問題、医療費問題、介護費用の問題など今後ますます国のセーフティネットは縮小していく事が予想されます。

国民一人一人が自分の身を自分で守る時代に転換していると感じています。

情報には価値があります。

私は、人々が経済的により豊かな生活を送る為の知識やノウハウを広める伝道師になりたいと考えています。

単純な貯金や貯蓄はいわゆる足し算です。

毎月1万円づつ貯金すれば、30年で360万円になります。

しかし360万円の貯蓄でなにができるでしょうか?

毎月5万円づつ一度もかかさず貯蓄出来たとして、30年で1800万円です。

年金が殆どなければ、年収300万円の生活をしてもたった6年で尽きてしまいます。

単純な貯蓄方法では足し算にしかなりません。

同じお金を使うなら掛け算で増やしていく事を考える必要があります。

レバレッジと言います。

これからの時代はレバレッジを効かせた資産形成をしなければならない時代なのです。